Mogic人材募集

インタビュー:社員セールスプランナーKさんの声

2015.11.08

Mogicのセールスプランナーとして働くKさん。普段のお仕事内容やMogicに入社したキッカケなどをうかがいました。

Mogicのセールスプランナーとは?

──セールスプランナーとは、どういったお仕事でしょうか?

あまり聞き慣れない言葉ですよね(笑)。簡単に言えば、営業です。ただ、一般的にイメージする営業とは違って、自分から飛び込みとか、アポを取りに行って、ということは一切しないです。基本は、自社メディアなどから問い合わせをいただいたお客さんの対応になります。

──どちらかというと、受動的な感じでしょうか?

そうですね。それで、実際にお客さんとお話をしつつ、攻めに転じるというか。お仕事をいただいたあとのディレクションや運用もあるので、そこからが本番です。たとえば、自社eラーニングサービスのLearnO(ラーノ)などは幅広いカスタマイズができるのですが、そちらの要件定義や、デザイナーチームへのお願い、お客さまとの折衝などもおこないます。

──お仕事をしていて楽しい部分はありますか?

お客さんから問い合わせをいただいても、全部が全部、受注が決まるわけではありません。なので、契約が決まったり、カスタマイズが必要なもので、割と大きな金額で受けることができたときなどは、やりがいを感じますね。

──お仕事をしていて、難しい、大変と感じるところはありますか?

あまり辛いと考えたことはないのですが。強いて言えば、役職柄、お客さん対面に立つことになります。なので、何か問題があった際には間に入って……、というところですね。責任も大きいですし、よくない方向にいかないよう、細心の注意を払っています。

Mogicとの出会い

──Mogicさんには、転職で入社された形ですか?

そうですね。転職です。前職はお花屋さんです(笑)。正確には、花屋さんへお花を卸す仕事でした。もともと、人と話したりすることが得意ということもあり……、職種はさまざまでしたが、基本的には営業に該当する仕事に就いていました。

──Mogicさんにはどんな経緯で入られたのでしょうか?

家が近くて。あと、そのお花関係の仕事が、週3日しか入っていなくて。それで仕事を増やすために最寄りでアルバイトのデスクワークを探したら見つかった感じです。社長の山根と面接をしたのですが、「バイクを作りたいんだよね」「僕もバイク好きなんですよ。いいですね!」なんて話で意気投合して、気がついたら。

──アルバイトから社員さんになったケースは、Mogicさんの場合、かなりあるみたいですね。心情、境遇の変化などはありましたか?

メンバーは一緒なので、そこは変わってはいないですね。意識としては、やっぱり責任が増したな、という印象はあります。それに応えられるよう、気を引き締めることを自分に言い聞かせています。

──アルバイトで入った時点で、「社員になろう!」というような意識はありましたか?

いえ、まったくなかったです。もともと何でもいいから独立しようかな、と考えていまして。前職のお花関係に引き続き、「バラ園を作ろうかな」なんてぼんやり考えていたんです。が、社長の山根に「計画性がない」ということをはじめ、色々とダメ出しをされ(笑)。指摘された内容が非常に的確だったこともあり、「社長についていって、もっと勉強しなくては!」という意識に変わりました。

Mogicについて思うこと

Mogicさんは福利厚生も充実されていますが、そういった制度を利用されたりはしますか?

セミナーは何度も行かせてもらっています。かなりの金額がかかってしまうものもあるため、個人で受講しようとすると少し難しいのですが、むしろ積極的に参加するよう言われていますので本当に勉強になっていますね。

──大人になってから色々なことを勉強する機会は限られてしまいますし、しかもそれを負担してもらえることは、本当に助かりますよね。では、自社の好きなところを、ぜひ!

色々な意味で、自由なところですね。服装も含めてそうですけれど、可能性として、なんでもできる場所だな、と思います。たとえば、Mogicではeラーニングをメインに扱っていますけれど、エンジニアやデザイナーのスキルも高いので、やろうと思えばかなり幅広いことに手を伸ばせるのでは? と感じています。

──入社の経緯でバイクのお話がありましたが、「Mogicさんなら、次に何を仕掛けても不思議ではない」という気はしますね。今後、どんなことをやってみたいですか?

2つあるんです。ひとつは、スポーツにIT分析を取り入れること。もうひとつは、深海1万メートル以下に潜る海洋探索チームを作ること。もともとアウトドア派なもので、そういったことに携われたらいいな、と思っています。

──バイクはどうでしょう?

バイクは社長がやると思うので、任せます(笑)。

ページの上部へ戻る